• ホーム
  • エフペシアは一日何回使えばいい?

エフペシアは一日何回使えばいい?

AGA治療薬は、短期間で効果を得ることが出来るわけではありません。継続して使用することで発毛・育毛効果を得ることが出来ます。
AGA治療薬の中で有名なものの一つにプロペシアがあります。プロペシアを長期的に使用するとなるとそれなりの費用が必要となります。
そこで、おすすめなのが安く購入することが出来るプロペシアのジェネリックであるエフペシアです。

エフペシアは主成分はプロペシアと同じです。
そのため用法・用量もプロペシアと同様で1日1回、1錠の服用となります。基本的にはいつ服用しても構いません。
服用をする上で大切なことは、毎日同じ時間帯に服用をするということです。

服用方法を間違えてしまうと、体に負担がかかることがあります。
例えば、飲み忘れてしまったという場合、1回に2回分を服用してしまうと、副作用のリスクが高まります。
飲み忘れに気がついたタイミングにもよりますが、安易に服用量を増やすことは避けるようにしましょう。

また、エフペシアを服用する時には、水もしくはぬるま湯で服用するようにします。
アルコールと一緒に服用した場合には肝臓に負担がかかってしまう事がありますし、コーヒーなどのカフェインが多く含まれている飲み物と一緒に服用した場合は副作用が生じるリスクが高まります。
水は、硬度の高い水で服用した場合には、吸収率が悪くなってしまう可能性がありますので、注意が必要です。
持病がある場合には、かかりつけ医に相談をしてから服用をすることが大切です。

プロペシアの効果を高めるためには、規則正しい生活習慣を心掛けることも大切です。
特に大切になるのが睡眠です。
毛髪が作られるのは、午後10時から午前2時の成長ホルモンの分泌量が活発になる時間とされています。
そのため、この時間帯には睡眠をとるように心掛けることをおすすめします。
仕方がないこともありますが、夜間眠ることが出来なかった分を昼寝で補うことは避けましょう。

エフペシアの副作用に注意

プロペシアのジェネリック医薬品であるエフペシアは、プロペシアと同様の効果があるのでプロペシアよりも安くAGA治療が可能です。
エフペシアの服用方法を守って副作用の影響を受けないように服用してしっかりAGAの治療を行うと良いでしょう。
エフペシアを服用するなら、しっかりと効果が期待できるタイミングに飲むのが良いとされています。

エフペシアをいつ服用すると良いのかは明記されていないのですが、服用方法は1日1回、時間は自分で決めたタイミングで飲みましょう。
大切なことは一度決めたタイミングを守って服用することで効果があるということです。
自分が決めたタイミングで飲み続けることで効果を実感することができるので服用することを生活の中に定着させることが必要です。

また、副作用に注意をすることも大切です。
効果を期待して用法を守らずに1日に何度も飲んでしまうと副作用のリスクが高くなるだけではなく、多く飲んでも効果はありません。
有効成分のフィナステリドが含まれるエフペシアはプロペシアのジェネリック医薬品の発毛薬で、薄毛の改善への効果は期待できますが、副作用が出る可能性もあります。
考えられる副作用は性欲減退、男性不妊症、気分の落ち込み、蕁麻疹や痒み、浮腫み、肝機能の低下、乳房肥大などがあります。

万が一、副作用の症状があらわれたり、服用した後に何かいつもと違うことがあればすぐに使用を中止して医師に相談しましょう。
副作用ではありませんが、有効成分のフィナステリドは未成年者などへの有効性や安全性が確認されていないので、特に妊娠中や授乳中は胎児に影響が出る危険性があります。
フィナステリドという成分は直接触れることで肌から吸収されることもあるので、子供などは錠剤の取り扱いに注意が必要です。
また、有効成分が肝臓で代謝されるので肝機能に障害がある場合には負担がかかるので注意しましょう。